ついに旧エデナ港からアストラル大海に船出したロロとララ。
海路を急いで東のエデナ港へと向かいます。

海は凪ぎ、その昔吹き荒れていたという暴風など嘘のよう。
しかし、足止めの魔物たちは海上にも巣食い、容赦なくロロとララの行く手を阻みます。
果たして二人は魔物達の海上封鎖を無事突破することができるのでしょうか?
ロロ「海は広いな〜♪大きいな〜♪」
ララ「何をのんきに歌っているのよ、まったく!!
    ご覧なさいよ!海の魔女達が海上を封鎖してるわ!」
ロロ「そんなこと言ったって、船は波まかせだよ?
    焦って行動を起こしたって何もいいことなんてありはしないよ!」
ララ「もう!彼女達の視線に射抜かれて海の底に沈んでも知らないからね!」
ロロ「まあまあ、とりあえず玉子船でも浮かべて水の流れを読むところから始めようよ。」
ヒント
   
   

物語
斥候船(せっこうぶね)