竜宮門を抜け、パールロードと呼ばれる通路に身を投じたロロ達が目にしたのは
珊瑚(サンゴ)によって形成された巨大な地下空洞でした。
どこからともなくゴォォ、ゴォォという不思議な空気の唸りが木霊してきて、
ただでさえ暗い旧参道に更に不気味な影を落としています。

「空気はあるようだな・・・先を急ごう、ララ!」
旧エデナ港を目指すロロとララの心に恐れはありません。
エッガー大王の復活・・・そちらの方がずっと恐ろしいことなのですから・・・。
ロロ「な、何だ!?この四方を吹き荒れる乱気流は!?」
ララ「パールロードには正体不明の魔物が住みついていると聞くわ。
    きっとこの乱気流はそいつらが作り出しているのよ!
    まあ、何となく正体の予想はつくわね。」

ロロ
「おや?乱気流の唸りに混じって、何者かがひたひた忍び寄る足音が聞こえるぞ?」
ララ
「“ひたひた”というより“ぴょんぴょん”という音みたいよ。
    まあ、何となく正体の予想はつくわね。(^ ^ ;
    追いつかれたら大変なことになるのではないかしら?」

ロロ
「よし!まずは走りながらヤツを眠らせることのできる場所を探そう!」
ララ「乱気流は珊瑚を通り抜けてくるわ!盾になりそうな物にも目星をつけましょう!」
ヒント
   
   

物語
渦中の人